パート主婦の子育て・投資日記

1人っ子の母です。投資は積立中心で初心者です。

療育日記①

4月に入り、まだ震災の影響で混乱していましたが、

予定より数日遅れで入園することができました。

 

一緒に過ごすお友達、ご両親、先生やスタッフの方々。

とても良い方ばかりで、皆さんにお会いしていなかったら、

私たち家族はどうなっていたのだろうと。。

本当に本当にお世話になりました。

 

肝心の子供は、初日はやはり緊張していましたが、

興味のあることをとことんやらせてくれたり、

小人数で、きめ細かく先生が関わってくださる方針だった為、

特に初めの頃は、数時間ひたすらはさみで紙を切るのがお気に入りでした^^

 

すごく子供も満足そうで。

色々やらせることを決してせず、

本人がもういいと満足するまでやらせる。

これは、本当に盲点でした。

 

親としては、いつも同じことしかしないのは、

視野が狭くなりがちになるため、

もっと色々見せたり、やらせたい、と考えていましたが、

うちの子には全くの逆効果のようでした。

 

慣れてきたら、先生方が上手に他のことを提案してくださり、

例えば、ボタンをかける練習をしてきたり、

石鹸をけずってきたり、(香りが良いのもあってお気に入りだったようです。)

折り紙も。

クラスで年齢が一番下だったのもあり、

クラスの子は勿論、とにかく皆さんに目をかけていただきました。

 

震災の影響で、施設でも外遊びは全くできない状態。

室内の遊び場があるところに、平日休日問わず遠くても連れて行ったり、

偏食&通園後も夜泣きは治まらず、相変わらずの睡眠不足でしたが、

情報収集と、健康管理に細心の注意を払い続ける日々。

ここで療育を受けると決めたからには、

前だけを向いて毎日過ごしていました。

 

そんな手探りながらも、子供は充実した様子だった数か月後のある日、

主人から突然、転勤が決まったことを伝えられました。