パート主婦の子育て・投資日記

少し丁寧な子育てが必要な小学生の母です。 子供がどんな道を選んでも応援できるよう、専業主婦からパート主婦へ。そして海外投資を開始。来春中学受験予定で、現在まで通信教材のみで勉強中。日々の出来事などをマイペースに書いています^^

パンダの飼育員体験②

やっと到着し、まずは説明を受けるためにお部屋に通されました。

 

冷房が効いていて、想像よりもキレイで、

手前に貴重品を預けるロッカースペース、

奥にパイプ椅子が並べてあるお部屋でした。

 

ちなみに、終わった後すぐにマカオに行くことをお伝えしていたので、

スーツケース、ここに置いておいていいよと言ってくださり、

荷物全部持ち込めました。

本来はクロークに預けなければいけないと思いますが、

とても有難かったです。

 

簡単な1日の流れを説明していただき、作業着に早速お着替え♪

 

参加者4人でワイワイ(^^♪

 

その後、待ちに待った飼育員体験です。

 

体験したことは、

 

◆えさの準備・えさやり

→ビスケットを分量毎に分けていく、フルーツは1口大に切っていった後、

 笹に指していき、パンダに食べさせてあげる。

(ガラス越しですが、口のところだけ空いていて、そこに笹を入れると、

 むしゃむしゃと食べてくれました。可愛かったです❤)

 

◆パンダ舎に笹を置く。

→パンダがちゃんと運動もできるように、かなり急こう配に作られていました。

 あちこちに置いたり、時には高いところやスタッフの方たちにアドバイス

 頂きながら置いていきました。

 のちほど外から確認してみると、皆が置いた笹にパンダ達が

 一心不乱に食べているのを見れて、こちらも4人で感動でした❤

 

◆檻のお掃除

→匂い等、子供は嫌だと言うかと少し心配もしましたが、

 大好きなパンダのうんちやおしっこのお掃除は、

 全く苦にならなかったようです。前評判通り、匂いはきつくなく、

 実際に手で持ったりもして、非常に貴重な経験ができました。

 

 

その他、新鮮な笹の仕入れに苦労しつつも、パンダの成長の為、

スタッフの皆さんがとても気を使っていること、

割りばしはなるべく使用しないようにしていること、

パンダの一昼夜での体重の増減のお話、

野生のパンダが絶滅しそうなこと、

人の便利さの裏に動物たちが犠牲になっていることや

環境問題にもっと目を向けてほしい等々お話がありました。