パート主婦の子育て・投資日記

自分と家族の明るい未来のため専業主婦からパート主婦へ。そして海外投資を開始。少し丁寧な子育てが必要な中学生の母です。中高一貫校に在籍、現在不登校中。日々の出来事などをマイペースに書いています^^

中心結節④

前回の続きです。

 

痛みがでたので、歯を全体にカバーしてもらってから違和感やしみたりする感じは少し軽減されたよう。

 

痛みに強い子供なので様子を見つつ、いつひどくなるか分からないので早急に子供を別の歯医者さんで診てもらいました。

 

こんな時の為に、家族バラバラな所に通院中。

 

まずは私のかかりつけ医に連れて行くと、基本的には同じ意向でした。痛みが強く出たら神経抜髄。

 

ただ、就寝中の歯ぎしりに関しては、

 

マウスピースをした方がいい。

 

との見解。

 

確かに顎の発達に影響するリスクもあるけど、子供は毎晩割とひどく(幼い頃からです。)現在奥歯4本しか乳歯が残っていないので、歯が生え変わる度に作り直しマウスピースで保護したほうがよいとのこと。

確かに今痛みが出ている歯を含めて5本の中心結節がありますしね。

そして憶測でしかないですが、歯の状態を見ると歯ぎしりによって痛みがでた可能性も否定できないとも。。

 

こう言われた時はかなり反省しました。

 

私も夫もかかりつけ医は遠く、カバーもしてもらったしそのまま様子をみておいたんですよね。まぁ大丈夫かなと。6年生ですし受験勉強で時間の捻出にも一苦労です。

 

正直そこまで気が回りませんでした。

 

すぐにセカンドオピニオンに連れてこれば、マウスピースをつけることになっていただろうし、もしかしたら今の症状を防げていたかもしれないと。

 

少しの不安があれば、必ず自分で納得するまで調べて自分に合う人を探すこと

そして、専門家や地位のあるお仕事の方の意見をそのまま鵜呑みにしないこと。

 

子供の発達に関する診断もそうでしたが、やはり自分の足で動くことの大切さ。

理解していますが、まだまだできていませんでした。