パート主婦の子育て・投資日記

自分と家族の明るい未来のため専業主婦からパート主婦へ。そして海外投資を開始。少し丁寧な子育てが必要な中学生の母です。中高一貫校に在籍、現在不登校中。日々の出来事などをマイペースに書いています^^

中心結節⑦

様子を見ていた子供の中心結節。

最後に書いたのはこちら。

 

 

trip200.hatenablog.com

 

受験も終わり定期健診の日も近づき。

予約しないといけないとは思いつつ、かかりつけ医にいくと抜髄をすすめられるのは分かっている為どうしても気が進まず。

 

ふと思い立って友人が通院している近所の歯医者さんに診てもらおうと。

これで医院を巡るのは本当に最後にしよう。

 

で、出かけてきました。

 

先生は割と年配な方。診察後、

 

【まず、子供の中心結節で抜髄はしたことない。】

 

【歯の周りを保護しているところが揺れているから、外すので一週間様子みて、痛みやしみたりが我慢できなかったらすぐに来て。】

 

とためらいなく、カバー部分を外し始めました💦

 

いきなり外すなんてー!!と不安になりましたが、これまで状況が変わらないこともあり、流れに身を任せてみることに。

 

で、外した感想。

 

何も変わらない

 

と子供。

これまでの先生もおっしゃっていたように、はがれやすいものだし、隙間から感じることもあって、感覚的には変わらなかったそう。

 

幸いにも激痛にもならず、そのまま一週間後に再診。

 

するとこの先生、

 

【見た目結節も無くなっているし(現在は以前に歯の表面の突起周辺を保護したものと、歯の成長がかみ合わさり、見た目はほとんど普通です。)表面の保護は下手に触りたくないなぁ。紹介状書くから大学病院行ってきて!】

 

半分投げやりというか、やりたくない感じ(;'∀')

診察台に通されて1分も経たずに終了(笑)

 

つっこみどころ満載!の先生でしたが(笑)受験も終わったことだし、今回の動きで入学前にきちんと解決するかも?ピンときて、後日早速大学病院を受診しました。