パート主婦の子育て・投資日記

自分と家族の明るい未来のため専業主婦からパート主婦へ。その後海外投資を開始。夫・高校生の子どもとの3人家族。日々の出来事など思うままに書いています^^

思いがけない葉書とメッセージ

先月、お年玉年賀はがきの当選番号が出ていましたね。

我が家は今年も恒例の切手シートが当たりました(#^^#)

年賀状。年々減らしてきていますが、

自分たちが本当に出したい、お付き合いをしていきたいと思う方々だけは続けています。

 

子どもが療育施設に通園していた時の友人たちもそう。

今でもずっとお互い出し続けていて、近況を報告。

LINEでもやりとりはするんですけどね、子どもたちが大きくなって写真無しの年賀状になっても、去年年賀状で質問したことに対して、答える、みたいなことも行っていて(笑)

夫と結婚せず子供が存在してくれなかったら、一生知り合うことのなかった友人達。

通園し始めた時、311の震災後だったこともあり、本当に大変で。

子育ても今後の生活に対しても話し合い、不安に駆られ、泣いたことも数知れず。

 

あの経験があるから私は強くもなれたと思うし、友人たちの出会いは一生の宝です。

 

そして、

 

trip200.hatenablog.com

 

先生。

 

私の命の恩人です。

この時に書いた先生がいなければ、大袈裟ではなく私はおそらく壊れていたか、もしくは今生きていないかもしれません。

それくらい孤独でしんどくて追い詰められていました。二度とあのような思いは経験したくありません。

※私の見た目や性格から、親を含め家族はそんな風に見えなかったと思います。いいのか悪いのか(笑)ですよね💦

先生にも毎年年賀状をお送りしています。ランダムにお返事は頂いていたのですが今年はちょっと違いました。

 

毎年子どもの様子を書いて出すのですが、

・志望校に塾無しで受験に合格したこと

・その後不登校になっていること

・思春期は気をつけてと言われていたけど、実際なってみると本当に試行錯誤で難しい

 

ことを書いたら、ある日、葉書が届きました。そこには、

 

【学校のことは、人生を長ーくみたら、今の時間は決して無駄なものにはならない、ここから大切なことを学んで さらに力強く歩んでいけるはず。】

 

ちょうど受け取った日が、私にとって大事な日だったので、それにも驚きましたしとても涙が出ました。すぐにお礼の連絡をしたところ、

 

・私が子供を連れて初めて相談に訪れた時の部屋の場所、その時の様子

・あの頃何も力になれなくて申し訳なかったと謝罪の言葉

・どんなにもどかしくて苦しくても、必ず光は見えてくることを信じて

 

とお返事を頂きました。

 

とても聡明な先生で、人生の憧れ・尊敬するお1人です。

 

そうです、あの頃に比べたらお金はとってもかかるけど!(笑)精神的には比べ物にならないほどラク

できることをこれからも私なりにやっていき、可能な限り皆さんにもシェアしていきます。それが私にできるお世話になっている方々への恩返しにもなると思っているからです。

 

《子育てで理解されず辛くて逃げ出したい方へ。》

必ず道は開けるはずなので、一緒にゆっくりとでいいから進んでいきましょうね。