パート主婦の子育て・投資日記

自分と家族の明るい未来のため専業主婦からパート主婦へ。その後海外投資を開始。夫・中学生の子どもとの3人家族。日々の出来事など思うままに書いています^^

母の日に思う感謝の仕方

昨日は母の日でしたね。

 

私と同じように母である方、毎日お疲れ様です!

手を抜くところは抜いて(笑)自分の進みたい・なりたい将来像に少しでも近づくべく、お互いに自分のことも出来る限り優先して、今後も過ごしていきましょうね。

 

ところで、母の日って誰が、どの範囲までお祝いするの?と少しググってみましたら、やはりこれといった線引きはないようで。

 

例えば、お子さんがいる家庭の夫が妻に母の日を祝うと、

 

・嬉しい!

 

・ありえない!嫌だ!(お母さんではなく女性として見られたいという考え)

 

と両極端な意見が出るように、その人個人やそのご家庭にあったやり方・スタイルというのがあると思います。

 

そもそも最近では色んな家族やパートナーの在り方がありますし、お母さまが既に亡くなられている方、お母さまの顔を知らない方も世の中にはたくさんいらっしゃることでしょう。

 

毎日慌ただしく過ごしているとあまり考えないことですが、今生きている全ての私達は、

 

男性と女性がいるこの世の中で、女性から産まれてきているのは事実。

 

 

例え両親との関係が悪くても、顔を知らなくても、1年に1度くらい、この世に誕生させてくれてありがとうと心の中で言うのも、立派な母の日ではないでしょうか。

 

 

世間のイメージでプレゼントを贈ったり、一緒に出掛けたり、美味しいものを食べてSNSにアップすることが母の日の全てではないと思いますので、自分のできる範囲で感謝を伝えることでいいと思います。

 

 

どうしても感謝できない、疎遠、嫌悪感がありそんなこと絶対にできない!という方もいらっしゃるとは思いますが、少しずつ意識していくだけでも人生ラクになり、なにより自分って大人になれたなぁと実感できるようになります。

 

 

今年の私は朝一番に

 

・家族LINE(夫と子ども)に本日のんびりします!宣言をし(笑)

 

・実家の母にはゆっくり休んでねというメッセージを送り、

 ※母はプレゼントを受け取ることがとても苦手なタイプ。今はその気持ちを尊重しています。

 

・夫の母には心の中で感謝を伝えました。

 ※義両親との関係はこちら。

 

 

trip200.hatenablog.com

 

コロナもありこの数年全く会っていませんが、結婚後から年に1、2度、お義母さんから連絡をいただいたり、子どもの誕生日にプレゼントを贈って頂いている関係。

私から連絡をすることは今でもありませんが、夫や子供に悪口や批判を言うこともありません。

 

 

離れていて、普段連絡を取る関係ではないからこそ、感情がフラットになり、

いまある生活、夫と子供に出会わせてくれた義両親に今は心から感謝しています。

ずっと続けていたらモヤモヤした気持ちは不思議と消えていきました。

 

 

母の日に感謝出来なかった・忘れてしまったという方、照れくさくて中々伝えられない、関係がよくない、モヤっとする方、今からでもぜひ心の中で伝えてみてくださいね。私もまだまだ成長途中。一緒にお仲間になれたら嬉しいです。