パート主婦の子育て・投資日記

自分と家族の明るい未来のため専業主婦からパート主婦へ。その後海外投資を開始。長年単身赴任をしている夫、中高一貫在籍の中学生の子どもとの3人家族。不登校から現在少しずつ回復中♪ 日々の出来事など思うままに書いています^^

子どもの質問に丁寧に向き合う

ブログを訪問してくださりありがとうございます♪

 

 

 

少し前、しきりに子どもが

 

 

【1人っ子は空気読めない人が多いんだって。】

 

【1人っ子はワガママな人が多いんだって。】

 

 

とか何度も話してくるので、これは何か1人っ子ということについて自分の中で腑に落ちていないところがあるのかな、と早々に察知。

(疲れているとこういう細かいことがキャッチできなくなります笑)

 

 

まぁネットか何かで目にしたりしたのでしょう。

多くの人が考えない・気づかないようなことに時間をかける思春期・学校お休み中の中2・1人っ子女子。

 

軽く流しても納得するまでずっと質問してくるだろうな。と思いつつ、何て伝えるのが正しいのか正直分かりませんでしたが、私なりに話してみました。

私基本ダラダラのんびりしたい人なので、こういう話はいつもお酒飲みながらです笑)

 

 

・あくまでも統計上のことであり、1人っ子全ての人が空気読めなかったりワガママであるわけではない。

(例えば、一般的にA型の人は几帳面と言われたりするけれども、全てのA型の人が几帳面であるわけではないなど。)

 

 

・兄弟姉妹がいる子より確かに周りの目や時間、お金等も含めて自分に集まりやすいから、環境面で恵まれる可能性は単純に高くなる→自分はそれらを手にすることができるというワガママではなく、自己価値・自己肯定感が育つ為に周囲に伝える、または主張する→それがワガママと捉えれられることがあるのかも。

 

と、大きく2つに分けて説明し、そのあとは、

 

・人はなんとでも言うということ。

 

にも時間をかけて話しました。

 

少し長くなりそうなので、次回に続きます。

自分に出来ることをやっていく

ブログを訪問してくださりありがとうございます♪

 

シルバーウイークが終わりましたね。お仕事や学校の方、予定がある方もそうでない方も、心と体、またゆとりを大切にしながらお互い出来ることをやっていきましょうね!

 

というわけで、先日経験したことをシェアしたいと思います。

 

子どもと電車で外出した時の事。かなりの満員電車でしたが運よく座ることができた私達。端に座った子どもの横にある手すりにふと目をやると、なんと手のひらの半分くらいのサイズの大きな蜘蛛がいました。

 

私ももちろん子どもも蜘蛛や虫の類が本当に苦手で(>_<)

 

その蜘蛛、あろうことか天井と手すりに蜘蛛の糸をぶらさげ、その糸の間を何度も滑ったり登ったりしているという状態💦

 

身動きもとれず、どうしようかと2人で蜘蛛の動きを見ていたら、目の前に立っていた女性も蜘蛛の存在に気づき、ビックリして凝視💦

 

で、手すりにもたれ掛かっていた男性の背中に蜘蛛が乗りそうになり、その女性が手を伸ばし、声をかけてくださいましたが、男性はあぁ、という感じで素知らぬ顔。

 

女性とアイコンタクトを取りながら華麗な動きを楽しんでいるかのような大きな蜘蛛の動きを目で追いつつ、とりあえず次の駅で降りようか、と考えていた矢先、少し奥の方からパっと見た感じ大人しそうな学生さん?のような女性が、

 

【ちょっとすみません。】

 

と人をかき分けながら私達のところに来て、

 

【これしかないけど。。】

 

と言い、鞄の中からビニール袋を取り出し、あっという間に大きな蜘蛛を入れてしまいました。

 

私も子どもも、また目の前に立っていた女性もその鮮やかな手ほどきにビックリしつつ、3人で

 

 

【本当にありがとうございました。】

 

 

とお礼を丁寧に伝えました。

 

手すりにもたれかかっていた男性や、また周囲にも気づいていた方がもちろん何人かいましたが、皆さん素知らぬ顔(笑)

 

 

捕まえてくれたその女性、次の駅でその蜘蛛を丁寧に逃がしてあげていました。

 

 

それを見ていた子どもは、

 

 

【あのお姉さん凄いし優しいね!】

 

 

と。

 

 

この女性にとっては多くの人が苦手意識を持っている?大きな蜘蛛、また関係ない・見て見ぬふりをすることもできることに、わざわさ私達の所にきて手を差し伸べてくれました。

 

 

本人にとっては何ともない、もしかしたら当たり前や無意識にとってくれた行動だったかもしれません。

 

 

けれども彼女の行動で私と子ども、目の前に立っていた女性がとても助かったことは紛れもない事実です。

 

 

何が自分にできるか。人によってそれは様々です。

 

 

・周りがどうであろうとも、自分にできることをやっていく

 

 

男性に声をかけた目の前に立っていた女性・蜘蛛を捕まえてくれた女性から教わった出来事でした。

 

それにしても優しい方がいるものですね。蜘蛛は怖かったですけど温かい気持ちになって帰宅することができました!

教育・社会について思う事

ブログを訪問してくださりありがとうございます♪

 

最初にこちらの記事を。

 

news.yahoo.co.jp



とってもいろんな見解があるようです。


個性を持つ子供の親としては、賛同もそうでない意見も全て一理あると思っています。


インクルーシブ教育は確かに海外諸国では主流です。


ただ、一般の学校、いわゆる普通でいいと言われ就学(幼・保、小、中、高、大、院)や就職したら、今まで落ち着いてできていたことが急激に悪化し、

残念ながら学校では環境面でも、また指導者の経験や意識、知見も少ないことが多いことが原因で、です。社会にでたら更にですよね。)

転校転職など環境を変えた結果、落ち着きを取り戻したり、社会的自立に向けて生き生きしているケースや話は知人友人から本当によく聞きます。


私個人的に思うのは、インクルーシブでも分離教育でも、誰もが望んだ道で幸せに生活したりできるのならば、


国連から強い要請なんて受けることはないでしょう。




今の日本のやり方あり方で問題が出ているから、このようなことを招いてしまったのではと思います。



ちなみに、うちの子は支援学校等へ入学する資格は持ち合わせていないのはもちろんのこと、幼少期、色んなご縁があってやっと理解者がいる療育へ通園できる時になった際にも、

 



・何で普通よりできることが多いのに通っているのか。見た目普通なのになぜ通う必要があるのか。

 



と幾度となく言われましたし、(夫や親にもです。)小学校で支援の相談をした際には、




・勉強はよくできるし、みんなと同じように行動できるから問題ない。支援を希望したら税金泥棒になりますよと言われたり(話を盛っているわけではなく事実です。。)




本人の強い希望もあり中学は塾無しで私立の中高一貫へ。成績等から先生方に期待していただいてましたが、色々思うことがあるのでしょう。抑うつ状態になり不登校へ。学校に行くことは今もしていません。


海外での教育の選択肢ももちろん検討しましたし、実際にそれに向けて行動したこともありましたが、これまでの経験にご縁があり今日に至ります。




まとめると、うちの子のケースには受け皿やルート、支援が無いんです、今の日本には(笑)病院も相談先でも専門家と謳っている方でさえ圧倒的に知識が浅い方が多いのが事実なんです。




しかも女の子。クローズアップされるのは男の子のケースが多い現状。




それもあり、私はできる範囲で色々とブログに書いています。こんな経験してる親子もいるんだよ、と知ってもらうためにも。




自ら命を落とす人、社会で上手に生きられない人。衣食住が満たされている今の日本で老若男女共に多すぎます。そんな方々でも秘めた才能をお持ちの方もたくさんいます。


ルートや支援がないなら切り開くしかなく。




そのためには自分と家族の体と心が健康なこと、人との関係も良好なことに加えて、ある程度の財力も必要です。




だから、海外投資をしたり、多数派ではない子育てや自費での相談、自由診療などを取り入れています。




子供の様子はまた書いていきますが、本当に元気です。そしてどんな道でも自分で選んで切り開いていくと信じています。



少しでも明るいケースが増え、これまで我が家に関わってくれた方々への恩返しも込めて1つの成功例として貢献できるよう、前を向いていくのみです。

 

 

頑張ることはしないで余裕とゆとりも大切にしながら☆

カード限度額で信用度を上げる

ブログを訪問してくださりありがとうございます♪

 

コロナで世の中の流れが変わったことからキャッシュレス決済が色んなところで浸透してきましたよね。


支払いそのものにクレジットカードを利用したり、あるいは現金をチャージしてQRコード決済とか。


私も普段の支払いには、現金支払いやQR決済等色々使いますが、クレジットカードは日常の支払い以外に海外投資にも利用しています。


長年毎月の積立や保険料支払いに淡々と利用してきたある日。
利用可能額が増えていることに気づき、お知らせの手紙も郵送で届きました。


家族カードではなく、私個人名義のカード。


全ての支払いをポイントやマイルを貯めるため必死に利用しているわけでもないのに、


まさかの大幅UP。


夫のカード限度額よりも高い金額になりました(笑)


専業主婦やパートなど非正規職や年収が低いと一般的に高額なローンって組めないと思います。社会的信用がないと言う理由で。
事実、今の私で我が家の自宅ローンは組めないでしょう(笑)


でも、クレジットカードを計画的に遅延なくきちんと利用していけば、カード限度額という社会的信用は得られることができます。


海外投資することで自分の資産も築け、毎月または毎年コンスタントに一定額を利用することでカードの利用額が増え限度額があがり、社会的信用までも得られる一石二鳥以上の海外投資。


時には思い切った行動力も大事ですが、やはり地道にコツコツは外せないと実感した今回のこと。


自分のペースでできることを少しずつ。



これからも継続していろんな信用を築いていきます。

一歩踏み出してみる

ブログを訪問してくださりありがとうございます♪

 

 

前回の続きです。

私は海外投資という存在を知ったとき、もちろんコロナ前で今に比べれば円高、そしてなんといっても専業主婦でした。



うちの子は個性があり、かといって専門家10人いても1人分かるか分からないかくらい(上辺だけでなく本質的に分かる方はこれまで国外で学んだ方だけでした。)の非常に分かりにくいタイプ。療育施設に通園するため、転勤族の夫とは別居していたりしたこともあり、真剣に将来のことを考えるようになっていました。




子どもの教育や医療から知った日本と海外の差。そして、日本で生活して日本円しか持っていなかった我が家。
以前私は金融業界に勤めていたこともあり、顧客の方が多額の借金を背負うことになったり破産寸前になるのも見てきましたが、資産を増やすにはビジネスや投資はやはり避けては通れません。


普段家庭と子育てで手一杯だけど、なにかあるはずとネットで探し続る毎日。そんな中見つけたのが、よっしーさんが発信していた海外長期積立投資の存在でした。

 

ameblo.jp




よっしーさんのお顔を知らないまま(笑)たったひとりで初めて訪れる香港に行き、銀行開設や運用をしている代理店に行ってお話を聞いてきました。渡航中もずっとメールでサポートしていただいたり、心強かったから専業主婦一人で日帰り弾丸で行けました。

その時の記事はこちらなど↓

 

 

trip200.hatenablog.com

 



現地で教えていただいたこと。
日本の金融機関とは違い、winwinの関係を末永く築いていきたいと説明を受け、心は決まりました。




私は長期積立投資を始めたい(資金を捻出したい)がためにパートを始めました。
専業主婦でいられるなら、元々夫の稼ぎがいいからでしょ、というのは異なりまして。

 

 

転勤費用や2重生活はもちろんのこと、普通とは異なる子育てのため、例えば当時から食費にはお金がかかってましたし(外食や添加物、お惣菜、スーパーの生鮮品はNGなものが多くて。。)冷暖房だって頻繁につけておく必要がありました。(特に睡眠時は温湿度に敏感なため。)洋服も本人の着心地が良いモノ(少しでも違和感があると当時は着ることができませんでした。)を手に入れる為ネットでも店舗でもひたすら探す日々でした。



私もそうですけど、できない理由は誰にでも簡単にでてきます。

 



ただ真剣に考えている方にとっては、私のように専業主婦、生活が大変だったりお給料が例え低かったとしても、上げる努力や自分にできることを少しずつ積み上げていけば、

 


1年後、また数年後には思いもしなかった自分に出会えるはずです。

 

 

 

あとは金銭的に余裕がある方でも家族の反対に合うという方へも同じです。私もずっと反対されてきました。海外?香港?意味が分からないと(笑)

 

 

それでもあきらめきれなかったため、あれこれと手を使い説明し、かなり時間をかけて伝え続けました。

 

 

今では、夫から過度な不安無く仕事に集中できるし、円安のお陰で為替差益を受けられることにも喜んでくれていますし、投資してくれてありがとうとも言ってくれるようになりました。

 


ほんの少しだけ踏み出すことを大切にしている私の経験が、どなたかの参考になれれば嬉しく思います。

円安対策

ブログを訪問してくださりありがとうございます♪

 

円安が止まりませんね。



日本で生活してるし、円が高くなろうが安くなろうが関係ない、とお考えになる方もいらっしゃるかもですけど、難しく深く考えずに、

 



円の価値が低くなっている&日本の国力が低下している

 



と捉えると分かりやすいのかなと思います。

 

 

 

・電気ガス水道ネットなどライフラインが使えて治安も良い



・日本は先進国で経済大国



・日本は海外から信頼されている



・清潔で礼儀正しく優しくて人気の国だから大丈夫
(日本に憧れている海外の人が多いとか。。)

 



とただ単に目の前の現実だけを見つつ、ネットやテレビの情報(特に国内で報道されていること)だけを鵜呑みにしているのはちょっと危険かもしれません。




この夏、夫の勤務先のボーナス支給が減りました。
運良く夫は評価高ということで、プラスαがあり昨年夏とトントンでしたが、こうやってみると、円安はもちろんこと、組織に所属しているとお給料やボーナスも改めて、


自分だけではコントロールできない




ことがよく分かります。


いつ、どこで、どうなるかなんて分かりませんが、何があっても生き抜いていけるようにしておくことは大切ですね。




円安への対策。
個人に合ったものなら株やFx、不動産など何でもいいとは思いますけど、煩わしいことは避けたい、これ以上時間を取られたくない(本業や家庭に時間をかけたい)という方には



私がやっている海外長期積立投資、また海外保険は本当にピッタリだと思います。




毎日しなければいけないことなんてないですから。




日本とは比べ物にならないほどレベルの高い方々が運用してくださっている海外長期積立投資。




もちろんお金が必要になったとき、引き出すこともできます。
(引き出したときの際についてはこちらなど↓)

 

 

 

trip200.hatenablog.com

 


私が長期積立投資の存在を知り、今でもお世話になっているのはよっしーさん。

 

ameblo.jp





現状をなんとかしたいなど真剣に考えている方は一度よっしーさんのブログをご覧くださいね。

 

次回に続きます。

言葉かけとハグの大切さ

ブログを訪問してくださりありがとうございます♪

 

 

心の健康を保つ上で大切にしていること。

 

 

子どもの幼少期、療育通園時代に先生方や友人から、またセミナー・勉強会で学んだことを実践したり、一般幼稚園以降は今お世話になっている心理士の先生のアドバイスが元ですが、基本試行錯誤しながら



認める、感謝する、伝える、褒める

 



ことが多いのかなと思います。




試行錯誤っていうのは、その日の様子を見ながら、なるべく声をかけないほうがいいのかな、とか顔色や雰囲気を見て、です。これが夫は苦手(笑)長年一緒に住んでいないのもあり、帰宅する度大きくなっていく子どもに会うと嬉しさあまり必要以上にからみ(笑)子どもが怒る、といったことを繰り返していますけどね(*´∀`)

 

 

夫と子どもは親子なので似ている所はあります。

特に没頭しているときには声かけても反応なし。そっとしておきつつ、必要な時は視界を遮り声をかけたり、LINEでメッセージしたり肩を叩いて気づいてもらうようにしたり。今は色んなツールがあるありがたい時代。自分に合うものを取り入れて生きていけばいいと思っています。

 

 

・マイナスなことを伝えてきたらまずはその言葉を受けとめ、(認める)

 

・伝えてくれてありがとうと言い、(感謝する)

 

・そのままでいいよと話し、(伝える)

 

・同じことでもプラスの事柄に変換できそうならして説明する。(褒める)

 

これを心掛けています。

 

 

そしてそれ以上に物凄く大切にしていることは、とにかく

 

 

ハグをすること。

 

 

私からもしますし、子どもからしてくることもあります。夫がいる時は夫婦でも家族3人ですることも多いです。

 

 

紆余曲折あった我が家ですが、311の福島での震災経験をきっかけに今生かされている意味を考えさせられます。大切な人とハグをするとストレスが大幅に減る事、自分の存在意義が高まるということを知って以来、積極的に取り入れるようになりました。

 

 

ハグの力はとてつもなく大きいです。

 

 

私も夫もそうゆうフレンドリーかつ欧米スタイルな家庭で育っていませんので(笑)最初はとても勇気がいりましたし、恥ずかしかったです(笑)

 

 

でもハグするだけで自己肯定感も高まりみんなが幸せになれるならこれ以上コスパが良い事は無い!と思いずっと継続しています。今ではハグしていない日があると、その日の夜に子どもが今日ハグしてないよ~と言うまでに。

 

 

言葉かけももちろん大切ですが、まずはハグを取り入れてみるとすーっと心の奥が癒されていくかもしれません。(子ども談。)

コロナの影響で日常的にするのは簡単ではないかもしれませんけど、我が家では心の健康を取り戻すのにかなり効果がありました。


夫が心の病気になった時もこんな感じで接していてお陰様で今まで再発していません。子どももとっても元気になりました。

 

体も大事ですし、同じくらい心も大事。

この両輪がしっかりしていれば、何があってもやっていける自信がついていきますよ☆