パート主婦の子育て・投資日記

1人っ子の母です。投資は積立中心で初心者です。

香港での食事と子供の成長

ディズニーでは夜までたっぷり遊んで、

その後また地下鉄でホテルまで戻りました。

 

1日歩き回り、しっかり遊んだ後。

しかも乗り換えもある地下鉄。

またマカオでのように、突然電池切れになって、

歩けない、とか、もう嫌だとか言うかと思いましたが、

割とすんなり帰ってこれました。

 

現地グルメを楽しみたいところですが、和食が大好きなうちの子。

お茶づけが食べたいだの、お味噌汁が飲みたいとか言い出し始め💦

この時は近くにあった日本食レストランに入りました。

 

現地の食事も、日本食が食べたいときも、

お菓子やお酒も売っているコンビニやスーパーも

たくさんある香港。

とても便利ですし、うちの子のような食にも色々と繊細なタイプ(笑)の

子連れでも、楽しみやすいと思います。

 

そして翌朝はしっかり朝寝坊して(笑)

チェックアウトし、トラムに乗って、

(子供はトラムすごく喜んでいました☆)

ブランチに、よっしーさんに教えて頂いた飲茶へ行ってみました。

ワゴンで運ばれてきたものを選んだり、

オーダー式で頼むこともできたり。

日本人だと分かると、日本語メニューも持ってきてくれました。

 

感想は、、、

 

すっごく美味しかったです!!!

 

私達が行った時には現地のお客さんしかいなく、

お皿やカップをお茶で洗うマナーも、

事前にやり方を調べておいたものの

周りを見ながらおそるおそるやってみたり、

【ンゴイニーホウセッ (これおいしい!) 】

と、覚えたての広東語で、

子供と一緒にお店の方に話してかけてみたり。

(お店の方、一気に笑顔になりました☆)

 

食べ過ぎてお腹が苦しくなりましたが(笑)

また必ず訪れたいお店です。

 

そして、帰国へ。

 

帰りの便はキャセイでしたので、

駅でチェックインできる為、

そのままエアポートエクスプレスで向かうことに。

チェックインの手続き中、

近くにいた体格が良い欧米人の男性グループの1人が小銭を落としました。

子供がすぐに拾い、私の所に持ってきたのですが、

 

『渡してきたら?』

 

と言うと、なんと1人でそのまま本当に渡しに行ってしまい😲

 

その方は、あげるよ!

 

と言ってくれたみたいで、子供は

 

『Thank you』

 

と言って、貰って私の所へ戻ってきました。

 

本当に何気ないことかもしれませんが、

男性が迎えにきただけで、

固まって動けなくなってしまった療育時代を経て、

自分から渡しに行けて、お礼まで言えるようになりました。

この頃、こんなことは日本では絶対にやりませんでした。

たった2泊3日の旅行が、子供を成長させてくれたのです。

 

定期的に海外に連れていき、

無理のない範囲で、色々経験させることは、

何よりもこの子にとって自信にもなることを、

身をもって感じました。

 

ちなみに、今でもこの出来事は本人とてもよく覚えていて、

 

【タトゥーがいっぱい入った優しいお兄さんからもらったお金💰】

 

と、帰国してからも財布にしばらく入れていましたし、

現在はコインケースに大切にしまっています。

 

※数年前の経験ですので、参考までにしてくださいね。

 

香港ディズニーランド

 

良く寝た子供と私。

 

朝はスッキリと目覚め、体力も体調も万全!!

 

窓から見えるマンションやビル、間から見える海。

 

あ~香港に泊まったんだなぁと実感♬

 

すぐに支度をし、ホテルにあるスタバに行き、朝食。

その後、子供の希望だったディズニーランドへ地下鉄で向かいました。

 

開園すぐに到着でき、チケットは事前にネットで購入しておいたので、

チケット売り場の近くにある機械に、

QRコードをプリントしたものをかざすとチケットが出てきて、

入口で見せると中に入れました^ ^

 

我が家は特にディズニーが大好きとか、

これといったお気に入りのキャラクターも特になく(笑)

ただ単に乗り物に乗りたい、楽しみたいという感じで行きましたが。

事前にネットでの口コミを見ると、

 

・日本のほうが色んな意味で明らかに楽しめる

 

・規模が小さい

 

・スタッフさんの態度が悪い

 

等々出てきてたので、若干不安はありました。

 

が、やはり百聞は一見に如かず。

 

人混みや混雑、広すぎるのが苦手なうちの子にはとても丁度よい広さ。

 

そして、夕方からは若干並んだり、

 

ファストパスを使ったりもしましたが、

 

基本的に乗り物たくさん乗れるのがとても良かったです!!

 

特に、日本のビックサンダーマウンテンのようなジェットコースター、

ビッグ・グリズリー・マウンテン・ラナウェイ・マイン・カー

はとても気に入っていて、一緒に3回ほど乗りました(^^)

 

スタッフさんも、確かに日本のディズニーと全然違って

常に笑顔でいるわけではありませんでしたが(笑)

ここは香港。

特に気になりませんでした。

 

例えば、ファストパスのチケットの機械。

私や隣に並んでいた人たちも、

なぜか次々とチケットが中に吸い込まれてしまった時、

近くにいた女性スタッフの方が、

中を開けたり、のぞき込んで調べているかと思いきや、

 

突然、

 

ガンガンと上から機械をものすごい音で何度も叩き出し💦

チケットはその後無事取り出せ、無言で渡されました(笑)

 

日本では少し考えられないですよね(;'∀')

 

けれども、子供にはそれが良かったみたいで、

 

『黙ってお客さんに渡しても、香港では大丈夫なんだね~』

 

とか、

 

『日本のディズニーも楽しいけど、香港のほうがいい!!』

 

とまで言っていました。

 

ディズニーで遊んだだけですが、子供にとっては、

楽しみながら、経験を増やすこともでき、

視野も広がり、普通と言われていること、

また常識を疑ってみることの柔軟さが少しだけ身に着いたようで、

連れてきて本当に良かったなぁと思いました。

 

※数年前の経験ですので、参考までにしてくださいね。

 

マカオ失敗談②

さあ、いよいよマカオ観光!!

秋でしたが、日差しはものすごく強く、

湿度も高く、真夏のようでした。

 

子供が、

 

【エッグタルト食べたい!!】

 

と、言った為、お目当てのお店マーガレット・カフェ・エ・ナタへ♬

 

少し迷った為、近くの現地の女性に聞くと、

道案内してくれました。

タクシーの運転手さんに声を荒げられた後だったので、

人の優しさが特に身に沁みました(笑)

 

お店につくと、すごい行列でしたが、

並んでみると、あっという間に番が来て、すぐ買うことができました。

日本人の方もちらほらと。

 

事前に調べた時は、美味しい美味しくない、の評価が色々別れていましたが、

私も子供も、とってもおいしく頂きました☆

 

そして、観光をフラっとしようかな、と思いきや、子供の、

 

【疲れた!!】

 

【眠い!!】

 

【もう帰る!!】

 

【暑い!!】

 

のオンパレード(;'∀')(;'∀')

 

・・・

 

観光はあきらめ、すぐに香港へ戻ることに。

 

戻るにも、フェリーにまた乗らなければならず、

これ以上歩かせたり、色んなものを見せたり経験させると、

頭の中の整理が追い付かず、余計に疲れさせてしまう、と判断。

 

そもそも私の希望で

ゆとりをもったつもりでも、

マカオ観光を計画したこと自体が、

ミスだったように思います。。

 

滞在時間2時間弱。ものすごく後ろ髪をひかれながら、

タクシーからの景色を見て、

【必ず近いうちに戻ってくる!!!!!!!】

 

と、後にしました。。

※もちろん、帰りもスーパークラス('∀')

 

香港に着き、フェリーターミナルの近くのホテルを予約していましたが、

子供の体力はここで限界に💦

 

座り込んだり、泣きだしたり、なんとかなだめてチェックインし、

部屋に入るとすぐに子供はベットへ。

その時16時半。

次の日の朝8時頃まで1度も起きることなく、寝てしまいました💦

 

部屋から出ることもできない私は、

箱で買ってきたエッグタルトを食べたり、ビールを飲むしかなく(笑)

そんな1日目が終了しました。

 

※数年前の経験ですので、参考までにしてくださいね。

マカオ失敗談

人通りの多い道にタクシーは停まったものの、

心臓がバクバク。。

 

きっと今なら、ガイドブックやネットの情報を鵜呑みにせず、

万が一の為に両替を事前にしておいたり、

多少はその場を上手に乗り越えることができるでしょうが、

子供もいるし、寝不足で初めての場所で疲れも出てきて、うまく頭が回らない💦

怖そうな風貌の運転手さんに声を荒げられ、

恥ずかしながら、何もできない自分がそこにいました( 一一)

 

すると、舌打ち(w)されながらも、メーターを止め、

近くの銀行まで車を走らせてくれ、

【ここで両替してきて!】

な感じで言われ、とにかく子供を連れてすぐ銀行の中へ行こうとしましたが、

トランクにスーツケースが入っている。。

このまま逃げられたらどうしよう?

いやいや、お金払っていないし、逃げないでしょ。

そのために銀行連れてこられたし。

と、もたついていると、

 

【早く行け!!】

 

と、またもや促され( 一一)

 

パスポート、財布、カード持っているし、

もう逃げられてもいいやと、

念の為、車のナンバーだけ確認しながら銀行へ。

両替を済ませて戻ると、外で他のタクシー運転手さんと談笑中。

 

さっきまでの不機嫌はどこへやら。笑顔で、

 

【メーターチェック!】

 

と、メーターを見せてくれて、

事前に両替していなかった自分が悪い為、

少し余分にお金を渡したところ、超絶笑顔に(笑)

 

スーツケースもトランクから出してくれて、

最後は笑顔でお見送りしてくれました(;'∀')

 

声を荒げるのは、現地の方の習慣なのかな?とか、

何か騙された?これってカモられちゃった?

とか色んなことが頭をよぎりましたが、

とにかく無事に切り抜けられたことに一安心☆

そして悪いのは100%私。。

 

やはりその土地に行くには、英語ではなく、

最低限の言葉をメモなり調べておくこと、

最悪な状況を想定し、準備をすること、

今回は無事でしたが、荷物はなるべく目を離さず、自分の意見や臆せず伝える。

ということを学びました。

 

それにしても、この時は、とっても怖かったです😢😢

 

 

 ※数年前の経験ですので、参考までにしてくださいね。

初マカオ

夜中の便でしたが、
機内食を食べて
(ハーゲンダッツが出てご機嫌でした✴️)
うとうとしているうち、
あっという間に無事に到着。


普段から夜中に何度もまだ起きていた頃でしたので、
寝起きがひどいとか、
眠いとか言って機嫌が悪くなる、
ということがなかったので、
(これは嬉しい誤算でした!)
前回私が1人で来たときには買わなかった
2人分のICカード、オクトパスを購入して、
マカオへ早速向かうべく、
前回同様、バスでフェリーターミナルへ向かいました!


契約自体、ほとんど日本で記入できるところは済ませていたのもあり、
無事にすぐ終了したため、
今回は、初めての子連れでの香港・マカオ旅にフォーカスして、書いていきます。


フェリーターミナルについて、
混み合っている窓口を避け、空いているところへ。


理由は…


乗船時間短いのに、エコノミーではなく、
料金倍のスーパークラスに乗るため、です^_^;


といっても、片道5000円くらい。
(エコノミーは、事前に買えばだいぶ安かった記憶があります。)


行く前からリサーチしていて、
散々迷ったのですが、
子供のことを第1に考えると


・軽食つき
・最後に乗船できる
・希望すれば、好きな席を伝えることができる
(座席位置のシール貼られるときに、後ろか端の
ほうがいいと実際に伝えたら大丈夫でした。)
・シートがゆったり&人が少ない空間のほうが、
落ち着けること


と、メリット多く、こちらを選びました。


結果的には大正解で、機嫌よく、
子供は人生初の海外での食事(笑)をフェリー内で食べ、
片づけて頂いた頃には、私も初めて訪れるマカオが、
見えてきました。


ワクワクしながら無事に入国し、
お目当てだったエッグタルトや、
いくつかの世界遺産を見るために、
中心地へタクシーで向かいました。


髪が紫色の、ちょっと見た目怖そうな運転手さん。


ここで、変な道に入られたり、大回りされたら、
子供と2人だし怖いなぁと思いながら、
目的地付近で停めてもらいました。


ガイドブックやいくつかのネットでの情報では、
香港ドルも普通にタクシーで使えると、記載されていた為、
お金を渡すと、


《ここはマカオだ!香港ドルじゃなくて、マカオパタカで支払え!!》


みたいなことを、割と強い剣幕で言われてしまい、
軽くパニックに。。


※数年前の経験ですので、参考までにしてくださいね。

出国時に感じたこと

なるべく、ゆとりをもたせて計画したとはいえ、

子供を連れて行くことに、とても私のほうが緊張しましたが、

 2泊3日、2人での渡航スタートです。

 

空港到着し、セキュリティチェックへ。

 

ここで、第1関門(笑)

 

事前の予定表に、セキュリティチェックの説明を細かく記載しておきました。

場合によっては、

体を触られることもある可能性があることを、

動画も見せたりと、イメージもつかんでもらいました。

 

以前療育時代に受講した勉強会で、

911のテロ以降、世界的にセキュリティが厳しくなった為、

海外で、うちの子と同じようなタイプの人(大人も含む)が

 

急な環境の変化(ボディチェック等)にとまどい、

その場から動けなくなったり、

言葉が発せられなくなったり、

パニックを起こしたりする

 

人が増えてきていることを聞いていた為、

ここは事前にかなり丁寧に伝えておいたお陰で、

スムーズにクリアすることができました。

 

現在でもまだまだ課題はあり、

旅行だけではなく、日常生活全て、

本当に細かいことのケアの積み重ねと、

これまで我が家に関わってくれた全ての人とのご縁と環境のお陰で

今に至っています<(_ _)>

 

環境の変化が苦手な方が、

家族を含め、周囲にいらっしゃる方へ。

 

自分では考えも気づきもしないことが、

この子には感じたり見えたりすること、

それは、

 

凝り固まった自分の視野を広げてくれますし、

成長もさせてくれる

 

 

と今は思えます。

 

 

ただ現在でも、細かいことを事前に説明しているとき、

 

 

【どうして私がこんなことの為に、こんなことをしないといけないの??】

 

とか、

 

【正直、面倒&疲れる&煩わしい。。】

 

 

とも、思ったこと、何度も何度も!あります(笑)

 

 

けれども、知らない人に声をかけられただけで、

また、

久しぶりに連れて行った実家にも入ろうともせず(笑)

何かあるとすぐに固まり動けなかった子が、

 

数年後、

セキュリティチェックも無事通過でき、

自分のパスポートを持って、

1人で出国審査の窓口へ行けた時、

とても感慨深いものがありました。

 

適切な環境と日々の細かなサポートは必要不可欠であり、

思春期真っ只中のうちの子も、

今後様々な事が起きるかもしれません。

 

そのたび、一般的な情報に踊らされず、

何が必要なのか、

自分で調べて、信頼できる人に相談し、行動していく。

 

この大切さは、今後も変わることはないと思います。

 

再渡航の準備

長期積み立て契約までの間の子供の様子は、

ざっくりですが、これまで書いてきた感じでした。

細かいことはまだあるのですが、

機会があれば、また書いていきたいと思います!

 

 

さて無事、契約できることになった為、

 

trip200.hatenablog.com

 

 

再度渡航の準備へ。

 

今度は、子供連れで2人で。(主人は仕事の為NGでした。)

 

これまで書いてきたように、

少しの環境の変化でも、

うちの子は簡単に対応することができない状態での初海外。

 

ただ、これまでやれることはやってきた、という自負もあり、

 

●少しずつ出来ることを増やし、経験の幅を広げ、視野を広く持つこと。

 

も、とても大切だと思い、

入念に準備をして連れていくことを決意しました。

 

もし、手がつけられなかったり、状態がひどくなったとしても、

それはその時でいい、きっとピンチはチャンスになる!!

と、ある意味【賭け】です。

 

契約自体は、すぐに終わることだったので、

観光をメインに計画。

旅行会社からフリー行動メインのツアー等もありますが、

飛行機に乗ることが初めてだったことに加え、

空港までのアクセスや現地での行動全て、

その時の子供の状態によって、臨機応変に対応したいこと、

(というか、そうでないと無理なので💦)

飛行機の座席も事前に指定したほうが、絶対安心するだろうと思い、

自分で手配することを決めました。

 

とにかく海外って楽しい!!と感じてほしくて、

 

ディズニーランドをメインにし、日帰りでマカオも行くことに。

 

ネットの記事やガイドブックはたくさん見せたのはもちろん、

ディズニーランドに関しては、日本では何度か行ったことあったので

だいたいの雰囲気や楽しめることは想像できたようで、

 

【早く行きたいな~♬飛行機のりたいなぁ~♬】

と、よく言っていました。

 

そして、現地で貰える日本語のパンフレットが、

運よくメルカリで販売されていたので購入し、

一緒にどこを周りたいか、とワクワクしながら決めていきました。

 

その他、私は朝何時に家を出ることからに加え、

細かく予定を書きだしました。

 

・契約のために1時間ほどお仕事(と伝えた方が分かってくれたので)すること

・飛行機の名前・座席

・移動手段(電車やバスがあること。その時の気分で決める)

・ホテルの名前

・食事は事前にピックアップしてたところか、これもその時の気分で決めること

(日本のチェーン店が目に入った方が安心するだろうと、事前に調べて行きました。)

 ・マカオへは、船で行くこと。(船好きなので、こちらも楽しみにしていました。)

などなど。

 

そして、予定は予定であり、突然変わることがあること、

予定通りに全てはいかないこともあることを、

何度も何度も口頭&文字にして伝え続け、当日を迎えました。