パート主婦の子育て・投資日記

少し丁寧な子育てが必要な小学生の母です。 子供がどんな道を選んでも応援できるよう、専業主婦からパート主婦へ。そして海外投資を開始。来春中学受験予定で、現在まで通信教材のみで勉強中。日々の出来事などをマイペースに書いています^^

マヌカハニー

受験勉強の内容についての記事が続いていたので、今日は違う側面から(#^^#)

 

もう5年以上?子供の健康維持の為、毎朝食卓に出しているマヌカハニー

 

特に決まったブランドのものを購入しているのではありませんが、セール品だったり、その時の気分で購入しています(#^^#)

 

ちなみに、今食べているものはMGO30、UMFのものを購入する時には、5~10+のような低めのものを選ぶことが多いです。

 

※MGOとUMF表記がありまして。数値が高い方が効果もお値段も高くなります。

 

もっと数値が高い方が、のどの痛みや殺菌効果があるのはよーく分かっているのですが、子供が高い数値のものを食べると、気持ちが悪いと言う為(>_<)低めのタイプばかりをいつも食べています。

 

登校前、食後にスプーン1口分をなめていくだけ。休日は食べません。

ゆるゆるに続けていますが、小学生になってからはインフルエンザにもかかっておらず、感染症には効くのかな。手洗い・うがい・マヌカハニーをこれからの時期、とても大切にしていこうと思っています。

 

幼稚園時代、今よりひどい偏食や食が細かったこともあり、溶連菌に同じ年に2回かかってしまった経緯から、何とか食べ物で予防できないかと、あれこれ見つけては試し、これなら食べれそうと言ってくれたのが、マヌカハニーでした。

 

パンにつけたり、ヨーグルトに入れても良さそうですが、マヌカハニーはこのままがいい、とこだわり(笑)

普通のはちみつとは別物と捉えているよう(笑)

 

  体質やお口に合う合わないがあるかと思いますが、

※ちなみに私は、あまり体質に合わないのですが、喉の痛みを感じた時のみ食べています。夫は全く合わないようです・・。

 偏食なお子さんをお持ちの方、ご自身やご家族の体調管理に悩まれている方、もしよかったら試してみてくださいね!

受験勉強:6年生⑦

今日は勉強時間と就寝・起床時間について。

 

前回まで書いたように、休養後は勉強時間は以前より短めになりました。

 

そして、勉強時間の計測の仕方ですが、子供のモチベーションを上げるためにも、5年生までと6年生と違う方法にしていたので、備忘録の為にも少し記録しておきますね。

 

計測の為、我が家の必需品。ストップウォッチ。

 

子供がYouTubeで見つけてリクエストしてきた、こちらの無印のダイヤル式のものと、

 


無印良品「ダイヤル式キッチンタイマー」

 

 

100円ショップのものを併用しています。

 

勉強時間の計測以外にも、朝起きてから家を出るまでだと、例えば朝ごはん、歯磨き、家を出るまでや、帰宅後もお風呂、就寝時など、あと何分で○○をする、と、とにかくスケジュールを組んで、時間を有効活用できるよう意識して過ごしています。

 

時間は有限ですからね!

 

5年生までは、勉強時間に限っては、休憩時間のみきっちりと計測で、かなりざっくりと測っていました。

 

その方が、

 

《自分はこれだけ勉強できた》

 

と自信につながるようでしたので。

 

例えば休日でしたら、

朝9時にスタートし、お昼まで休憩を挟んでやったとしても、

 

《約3時間机に向かえたね。》

 

などと声掛け。

 

自分はできる、ということを意識づけしていきました。

 

6年生からは、細かく計測。

同じように週末朝9時スタートでお昼まででしたら、いつも45~60分ほどやったら10分~15分ほど休憩というサイクル。

なので、その都度勉強のチェックリストに時間をメモ。

また勉強中、お手洗いに行ったり、私と話が脱線する時もストップウォッチをこまめに止め、実質の勉強時間を計測していきました。

 

始めの方は、以前なら3時間だったのに、きちんと計測すると2時間少しだったりすることもあり、それがもう少し集中してやってみよう、と意識が変わるキッカケにもなったようでした。

※だから余計に焦って体調不良になったかもしれませんが💦今もこの方がいいと言っているので、継続しています。

 

そして、毎日の勉強の合計時間を勉強終了後に自分の手帳(Benesseの付録のものです。)に記載しています。

※手帳に記載するのは子供のアイデア

 

毎日見て、今週は結構できたとか、よく自分で見返しています^^

 

6年生になってから、休校中や体調不良になる前の週末は、バラつきがありましたが4~7時間の間、学校がある時は宿題や受験勉強以外のBenesseの教材も含めて2時間~4時間。

 

休養後は、平日1~3時間、週末は3~4時間くらいです。

 

平日の就寝時間は、疲れていると判断したら21時半頃、どれだけ遅くても22時半には消灯するようにしています。

休養前は、23時過ぎの就寝も時々ありました。起床は目覚ましは6時半ですが7時近くに起きることのほうが多いです(笑) 

 

家を出る時間は7時半頃です。

 

週末は、以前も現在も好きなようにさせていますが、夫が帰宅する日等、就寝時間は日付が変わることもたまにあり、起床も、8時前の時もあれば、お昼近くなることも時々あります。

 

平日の早めの就寝時間の確保と、睡眠時間を8時間半ほど取る事をとにかく目標にしています。

 

あくまでも我が家のケースでした!

受験勉強:6年生⑥

相談に行った後、勉強が全くできない日が続いても、焦りや遅れが気にならなかった訳ではありません。

 

頭では分かっていても、残念ながら、私はそこまで大きな人間ではありません(笑)

 

夏休みに1泊2日の旅行をして気分転換しただけ。

受験当日まで毎日日付が変わるまで勉強、ノンストップで走り続け合格した、というネットの記事を読み、動揺する自分に、

 

【また惑わされちゃった】

 

と落ちこむことも。。。

 

けれども、少しずつ食欲も出てきて、元気になってきている子供を見て、とにかく、

 

【うちはうちのやり方でやっていく!】

 

と、何度も自分に言い聞かせました。

 

そして、回復してからは、以前速さや割合の苦手だったところが、いつの間にかできるようになっていたりすることがありました。

 

注意深く観察していると、

 

・前日8時間半以上の睡眠時間を取ったこと

(うちの子には8時間だと少な目です。あと30分が大事。季節の変わり目の途中覚醒も時々まだあります💦)

・学校で体育の授業がないこと

(直近では、運動会の練習の有無もかなり左右されました)

 

運動は苦手ではないですが、やはりあるのとないのでは、帰宅後の勉強の集中力がかなり違います。

子供の学校は朝や休み時間にも結構体を動かすことが多いので、体育の有無は割と大きく左右します。

運動好きな男の子とかだと、体育があると、逆にいい気分転換になりそうですけどね^^

 

なので、回復してからは、平日や週末も疲れている時は、スパっと受験勉強をやめています。

6年生の夏から集中的に追い込むのが一般的。

けれども、現在、全くの逆(笑)勉強時間も去年より少ないかも。

 

過去問も夏休み終わったら取り組む予定でしたが、11月くらい?からになりそうです。

本番まであと少し。もう少しやっておけば良かった、と思うかもしれません。

けれどもあのままノンストップで進み、あの体調不良が受験間近で起こったら、と思うと、

 

ものすごくゾッとします(>_<)

 

 

休養期間があったからこそ、うちの子にとって、本当に大切することは、心と体を良い状態に保ち、疲れやすい脳の構造だからこそ、一般よりも少な目の勉強時間でちょうど良い、ということが分かりましたし、当日力を発揮させてくれるいい出来事だったと、今は思えています!!

受験勉強:6年生⑤

子供の体調不良が一向に回復しない。。

もうどうすることもできなくなり、いつも頼りにしている心理士の先生に相談できないか、藁をもすがる思いで連絡をしてみることに。

 

基本的には何でも試行錯誤し、自分で考え決断していきますが、どうにもならない時、自分が倒れる前には、思いきってプロに頼ったり、周囲にヘルプサインを出すのが、私自身が日々をよりよく過ごす為の1つでもあります。

※家事もです(笑)

 

予約がいっぱいなことも時々あるのですが、運よく近い日にちで取る事が出来、早速行ってきました。

 

子供のことを本当の深い所で理解してくださる、数少ない先生。出会えたことに心底感謝していますし、全幅の信頼を寄せています。

アドバイスいただいた事は、既に分かってはいたことと、これまで私がなんとなく感じていた事そのままでした。

 

それは、うちの子には

 

受験勉強に限らず、一般的なことは何一つ当てはまらない】

【多くの人の脳のしくみとは少し違う為、長時間勉強は帰ってマイナス。多めに休憩を取り脳を休ませることにより、パフォーマンスや集中力が増す】

 

ということ。

 

勉強の仕方も、6年生になったら、夏休みになったら、だいたいこれくらい、とマイペースでできるはずの通信教材でさえ、目安が書かれています。

それを子供も私も無意識のうちにこなすことで一杯になってしまい、完全に心も体もショートしてしまったようでした。

週末良く寝て、夕方まで好きな事をしたりすると、集中力がUPするのも気づいていましたし。

受験勉強を通して、改めて子供の個性に気づかされましたね💦

 

また、

 

【もし今回受験に失敗したとしても、心と体が良い状態で臨めば、その先自己肯定感が低くなることはないはず】

 

とも。

 

この言葉で私もものすごく救われ、帰宅後すぐに子供にも伝えました。

 

チャレンジして失敗しても親子共に後悔しないことは、お互い理解していましたが、

心と体が元気で、それでもダメだったら、確かに仕方ないよね。と。

志望校にはよっぽど縁がなくて(笑)別の道があるってことだよね、とも

 

とにかく、目の前がパーッと明るくなるということは、まさにこのこと。

本当に救われました。

受験勉強:6年生④

約半月の勉強ストップ。

 

今思うと、コロナ対策での常時マスクで気分が悪くなったことに加え、気温差や季節の変わり目、ホルモンバランス、そして、夏休みに追い込もうとしていた予定が崩れ、焦りやストレス等色んなことが重なってしまったのかな、と思います。

 

この半月は、とにかく本人が、心身ともに、ものすごく辛そうでした。

 

トイレに行くにもめまいがすると、真っすぐ歩けず、食べたいのに食べられない。

勉強したくてもできない。

 

私はというと、もちろん心配はしましたし、できることは自分なりにしていましたが、熱もなく、薬もない中、どうすることもできず、このまま体調が回復しなかったら、どうしようか、と。

※他の病院も受診し検査もしましたが、言われたことは同じでした。

また、何度も辛かったら勉強やめていいよと言っても、子供が受験したいという意思が全く変わらず、夫も単身赴任先からビデオ通話で、子供に色々と話してくれたりとしてくれる一方で、そこまで挑戦したいなら、早く勉強を再開させないと、ただでさえ夏休みが短いのに(子供の学校は全国的にみても短かったようです。。)という焦りが、どんどん強くなっていきましたが、一向に回復しません。

 

 

 自分たちの力では、もうどうすることもできませんでした。

 

受験勉強:6年生③

コロナで長い休校、そして急ピッチでの学校の授業。

短い夏休みまであともう少し、というところで、突然

 

【お腹痛いし、めまいがするし、気持ち悪い。】

 

と訴えてきました。毎日朝夕の検温はしていますが、特に発熱はなし。

 

1日ゆっくりして様子を見ましたが、顔色も悪くどんどん悪化するばかり。

翌日も学校を休み、休養。

 

生後間もなくからとにかく寝なかった子供。未だに途中覚醒することもよくありますし、普段お昼寝やインフルで寝込んだ時でさえ、日中寝ていると、夜寝つきも悪くなるし、夜の睡眠時間が短くなることが多いのに、とにかくずっと寝ています。

水分はなんとか取れるものの、おやつやアイス、果物やゼリーを含めた大好きなものは勿論、食欲はほとんどありません。

 

3日目、病院へ連絡してみることに。

(発熱が無い場合は、コロナ対策として電話でのリモート診察でした。)

 

先生から教えていただいた考えられる原因は、2つ。

 

1つ目は、やはりコロナ対策の影響で、マスクを1日中しているための軽い脱水や熱中症(気温が高くなりつつありましたが、この頃はまだ登下校中もマスクをしていました。)もう1つは、女の子ならではの思春期によるホルモンの関係かも、とのことでした。

 

1つ目はともかく、2つ目は、細身で体もそこまで大きくなく、どちらかといえば成長がゆっくりな感じです。ただ、子供の特性上、感覚過敏なところがあるので、本人には低学年のうちから、体や心に変化がくることは、日常の会話や本なので、事あるごとに伝えてきました。その症状が、親子共に想像以上の不調がきてしまった感じでした。

 

結局1週間学校はお休み、その後1週間も、なんとか学校は行っていたものの体育は見学したり、帰宅後はすぐに寝込んでしまうような状態が続きました。

 

もちろん、勉強は全てストップです。。

受験勉強:6年生②

 休校中のある晩、家事をしながら見ていた計算問題。ミスで立て続けに間違えた子供に、

 

【全滅だよ!!】

 

と言ってしまい、

 

【全滅って言わないで。全部否定されたようで悲しくなる!ちゃんと1問合ってたし!】

 

と子供に強い口調で言われました。

 

その通りですよね。否定されるのって、大人も子供も全然嬉しくないし、一番やってはいけないこと。

私自身かなり反省し、子供に謝りました。

 

 

私は余裕やゆとりがなくなると、悪いクセが出てしまいやすいです。

基礎が大事といつでもどこでも聞く言葉。算数嫌い、苦手意識を作ってしまったその焦り(もっと早くからワークをスタンダードに変えておけば良かったという負い目)が原因かと。

結果的に子供に言ってはいけない言葉をかけてしまいました。

 

自分のことをマネジメントできないと、家族、また仕事でも何でも、その他のことを上手に出来ることは難しいと、思っています。

 

現在9月末。この全滅事件(笑)から、少し私も成長できたのかな。

去年までのように、これまで子供と大きな衝突や、ぶつかりはありません。

ただ、この後、受験勉強のペースが一気に崩れることが起こりました。