パート主婦の子育て・投資日記

少し丁寧な子育てが必要な小学生の母です。 子供がどんな道を選んでも応援できるよう、専業主婦からパート主婦へ。そして海外投資を開始。日々の出来事を書いています。

セキュリティデバイス発送依頼

無事(!)に、フォンバンキングの設定が完了できた為、本来の目的であった新しいセキュリティデバイスの発送を依頼するべく、再度コールセンターへかけてみました。

 

以下、私の覚え書きです。

 

つながったら、

②を押し、英語を選ぶ 
※ここで色々な案内やサービスの内容がしばらく流れるので、終わったら次に進む。
↓ 
⑤を押し、Internet serviceを選ぶ。

自分の口座番号を押し、最後に#を押す。

先ほど設定したphone banking pinを押し、最後に#を押す。

⓪を押し、customer service offficerを選ぶ

再度⓪を押し、customer service offficerを選ぶ

 

すると、ほとんど待ち時間なく、オペレーターの方につながりました。

 

【ミスター田中、どうされましたか??】

 

なぜかミスター(笑)

とりあえずドキドキしながらも、英語で伝えてみました。

 

【セキュリティデバイスの電池が切れてしまって使えないので、新しいものを送ってほしいです。】

 

すると、

 

【登録している携帯にpasscord送るので、届いたら教えてください。】

 

と。

 

すぐに届き、その数字を伝えました。

 

【確認取れました。住所の登録に間違いがないか、念の為教えて下さい。】

 

と言われたので、伝えると、

 

【ありがとうございました。こちらの住所にお届けしますので、受け取り次第、アクティべートが必要な為、再度こちらまでご連絡ください。】

 

と言われ、お礼を伝え電話を切りました。

 

心配していた英語ですが、私自身、ネイティブの早いスピードについていけない事があり💦どうなることかと思いましたが、なんとか対応できました。

ただ、電話ですし、対面より聞き取りにくいことは確かであり、普段から英語に触れることを心掛けておかないと厳しいかも、と感じました。口座開設前の自分だったら、高確率で無理だったかもしれません。そして、自分の拙い英語を理解してくれた(笑)オペレーターさんに感謝です(#^^#)

 

 そして、届くのを待ちますが、全く届かない。。

アクティベートの期限は電話での申し込み後約1ヶ月。届いたらすぐに連絡しないといけないのに間に合わないかも??

 

どうしよう。。。

 

HSBC phone bankingの設定

順調に進んでいったのに、何度やっても途中から進まない💦💦

うーん。。

ちょっと焦った私は、1度電話を切って、よく考えてみることに。

進まない箇所は、フォンバンキングの暗証番号。
コールセンターで色々手続きする時に必要なもので、開設直後に設定してきたはず。手元にメモもあって番号合っているのに、なぜかできない。

で、冷静に考えると、帰国後しばらくして口座のグレードを変えたので、今の口座では、設定されてないのかな?と気付き、設定から始めてみることにしました。

やり方は、これも検索していくつか出てきたりしましたが、記事によって操作方法が異なる事が書いてあったので、失敗しながらも自分なりにやってみました。

以下、私が出来た自分の覚え書きです。

自分の口座のグレードのコールセンターへかけ、
※私は(852 ) 2233 3000でした。

ガイダンスが流れたら、

②を押し、英語を選ぶ 
※ここで色々な案内やサービスの内容がしばらく流れていました。終わったら次に進みます。
↓ 
①を押し、bank account and depositを選ぶ

自分の口座番号を押し、最後に#を押す。

①を押す

再度自分の口座番号を押し、最後に#を押す

私は個人口座なので、①を押す
※共同名義の場合は、何か違う案内を言っていたような。。

ATMの暗証番号を入力

設定しているスマホに6桁の暗証番号が届くので、それを入力

自分で考えた6桁のphone banking pinを入力

確認の為、再度入力

すると、

チャラララーン♪(?笑)という音楽が流れ、無事設定できたようです(#^^#)

その後、スマホに確認のメッセージが届きました。


英語ができる方や、普段からよく利用されている方でしたら、本当になんてことないかもしれませんが、
私にとっては、とっても大きな山を乗り越えた気分で💦
終わった途端、

【やったー!!自分でできた(^^♪】

我ながら自画自賛でした(笑)

コールセンターへかけてみると・・

さてさて、電話をかけることに決めて、早速下調べをすることに。

ちなみに私が香港で作った口座はHSBC。同じようなことを経験した方がいるんじゃないかな??と思い、ざっと検索してみました。やはり、いくつか記事はあるものの、古かったり、さっきはこう書いてあったのに、今回はこう書いてある、とか出てきてしまい、途中から比較することが面倒になってしまい断念(笑)

もう、いいや、と、半ば諦めモード。なるようになる、とりあえずコールセンターにかけてみよう!と、手元に、

・メモ
・キャッシュカード
・パスポート(念の為)
・パソコン(HPを立ち上げておき、質問されても色々調べられるように。)


を準備。
また、つながりにくく、待たされるという記事があったため、念の為、Skypeに少し多目の1000円ほど課金してかけてみました。


すぐに音声が。
英語に切り替えて、安心したのも束の間、


うん、スピード早いっ(笑)


国際電話じゃないし、通話料金のことを気にしなくていいから、しばらく聞き続けてみようと思い、聞きながらまたネットで検索し続けて。

段々耳が慣れてきて、とりあえずこんな感じかな~?と、ガイダンス通りに、進めていったところ、

途中から進まなくなってしまいました。。


なんでだろう(+_+)(+_+)(+_+)

英語への不安

自分の不注意で、セキュリティデバイスが電池切れになってしまい、コールセンターに電話をしなければならなくなった私。

 

英語は好きですが、学生時代、勉強はできた方ではなく💦留学も勿論無し。ただ洋楽、洋画や海外の文化、食べ物などは好きで、普段から触れるようにしたりと、色々と興味はある感じですが、TOEICや英検は、教材見たことありますが、お恥ずかしながら本当に資格系のものは苦手で、勉強する気になれず。。

 

ただ、これからの時代、英語は必須。最低限日本以外の国でも生きていける力を身につけたいと、口座開設後、時々送られてくる銀行からの手紙や、メールでよく使われる単語等はいくつか覚えていき、NHKの英語の初心者向けの番組を時々見たり(メジャーなラジオ英会話は私にはちょっと難しく感じました。。)あとは自分で簡単な英会話の本を丸暗記(笑)と、オンライン英会話を時々やったり、旅行に行ったりする際には、ツアーではなく個人で何とか行けるかな、という程度。

 

なので、

 

・電話で金融用語をいくつか言われたら、私は理解できるのか?

 

・オペレーターの方は訛りのある方がいる?とかで、聞き取りにくいらしいと聞いたことがあるけれど、聞き取れるのは勿論、そもそも私の下手な発音が通じるの??

 

という不安がたくさん押し寄せました。

 

が、不安になっても仕方がない。

 

少し温めると、一瞬表示されることもあるセキュリティデバイス。今のうちにそのままログイン!と思っても、すぐに表示が消えてしまい、また無反応になる現実(-_-)

 

とりあえず、意を決して電話してみようと、準備し始めました。

セキュリティデバイス、突然電池切れ(+_+)

昨年末のこと。睡眠不足や疲れが原因で、おそらくインフルエンザにかかってしまったと猛反省。

 

そして、もう一つ。

 

それは、以前に作った香港の銀行口座のネットバンキングで使用しているセキュリティデバイスワンタイムパスワードを作成する小さなカードタイプのもの)が、突然動かなくなるという事態に。。。

 

口座を持って以来、必ず毎月セキュリティデバイスを使ってログインし、きちんと使えるかどうかを確認していたのですが、たまたま12月だけすっかり忘れてしまっていたようで💦

 

1月にログインしようとしたら、

 

全く動かない(>_<)

 

電池切れです。。はい。。

 

電池が切れる前、1ヶ月ほど前から電池がもうすぐ切れますよーと表示されること、電池が切れる前だと、ネットで新しいものと交換できることは知っていたので、それを防ぐ為に、今まで毎月使っていたのですが、たまたま確認しなかったこの時に、残念ながら切れてしまったようです(-_-)(-_-)

 

一大決心して、家族に留守番をしてもらって作った口座。

初めて一人で香港に行って作った口座。

 

今までずっとずっと気を付けていたのに、

 

どうして今なの?

 

と、割と落ち込み自分を責めました。基本明るく前向きでプラス思考と言われがち、思われがちな私ですが、全然そんなことなくて。今でもネガティブな感情や気持ちは、しょちゅう出てきます。(ただ、切り替えは少しずつ出来るようになってきたかな?)

 

そして、落ち込んだ理由。それは、

 

電池切れの場合、英語でコールセンターに電話しないといけないから(;'∀')

 

どうしよう、と英語にそれほど自身が無い私は不安でいっぱいになりました。。

武漢シェイク

先週の3月11日に、WHOが新型コロナウイルスの世界的な感染拡大についてパンデミックを宣言しましたね。

 

ようやく宣言?という感じもしていますが💦いずれにせよ、色々な事に注意して、悲観しすぎず、楽観しすぎず、過ごしていかないといけないのかなと個人的には思っています。

 

そして、少し前から武漢シェイク(Wuhan Shake)というものが色々な所で流行しているようです。

 

これまでマスク着用の文化もあまりなく、握手やハグが日常的に行われている地域で、ウイルスの感染拡大防止の為、足や肘で挨拶をするというものです。

 

長年の癖は中々抜けず、意識していなくても咄嗟にでてしまうこと。戸惑いも、きっとあるだろうなぁと思います。

 

今まで当たり前だったもの、特に意識していなかったことが、突然できなくなる。

 

何でもそうですが、事態は急に変わります。

これまでの常識が一気に非常識になることだって。

 

どんな事が起こっても、どんな時代になっても柔軟に対応していける人生を送れるよう、日々アンテナを張り、大切にしていかないと、ですね。

 

 

311 あれから9年

311の震災でお亡くなりになられた方、心より御冥福をお祈りいたします。

 

まだまだ以前のように戻っていないこともあるかと思いますが、

私や家族、親しい人たちに色んなことを教えてくれたこと、そして限りある命、生かされている日々に感謝しながら、これからも過ごしていきます。

 

私の人生で最も怖く、そして価値観が大きく変わった経験でした。

 

縁もゆかりもなかった福島に住み始めて、ちょうど1年という時に被災。

 

前代未聞の原発事故。

 

幸い休暇を取得していた主人。自宅に一緒にいましたが、恐怖で泣いている私と子供を残し、すぐ出勤。その後しばらく連絡も取れませんでした。

 

仕事の事は勿論理解はしていましたし、これまでも不在になることはしょっちゅう。

ただ、あの時は不安で不安で。

 

しっかりしないと!!私!!

 

と見たこともない映像が流れるTVを見ながら自分を奮い立たせました。

 

家の中にいて、普通に息をするのも怯える毎日。

 

やっと水道が使えるようになったと思ったら、安全面に不安があったり。

このまま私たちは知らない間に病気になったりするの?とか。

当たり前ではないことに感謝してきたつもりでしたが、あの時は本当に辛かった。

睡眠障害を抱えた子供、環境の変化が苦手&夜泣きする為、避難も帰省もできない。

かといって、本当の辛さを理解されない生活。

 

それでも、子供の事を受け入れてくれたご近所さんと、しばらく一緒に住むことが出来、どれだけ心強かったことか。(今でも大切な存在です。)

他にも、結婚前に勤めていた勤務先の方々に心配してもらったり、地元の友人や知人が、本当に心配してくれて、たくさんの気遣いをしてくれた反面、興味本位で色々聞いてきたり、デリカシーのない方もいたりと、人の本質にも触れることができました。

 

何事にも意味がある。

 

そして、どんな事が起きようとも、常日頃から準備や情報収集をし、

必要以上に恐れず、対処すること。

 

これからも心に刻んで、私らしく生きていきます。

 

 

trip200.hatenablog.com