パート主婦の子育て・投資日記

自分と家族の明るい未来のため専業主婦からパート主婦へ。その後海外投資を開始。長年単身赴任をしている夫、中高一貫在籍の中学生の子どもとの3人家族。不登校から現在少しずつ回復中♪ 日々の出来事など思うままに書いています^^

涙が出ました。。

前回、学校の近くまで車で行き、門の前を歩けたので、少し日にちをあけて、今度は公共交通機関を使って行ってみることを提案したところ、子どもも行ってみると。


日にちや時間も本人に決めてもらい、また週末に今度は私と2人で行ってみました。


行きも帰りも違うルートで。
特に帰りは、今まで気になっていたけど、使ったことのないルートを使ってみました。


やっぱり車で行くよりは疲れるようでしたが、(往復で10000歩位は歩きました。)
行きも帰りも、そして学校の前を歩いても、体調や気分が悪くなることもなく、自宅に帰ってこれました。


帰りに学校の近くでランチをしたのですが、笑顔で美味しそうに食べる姿に、思わず涙が出ました。

学校に行っている行っていないに限らず、心も体も元気になってきて本当に良かったなと。


まだ弱々しくても、自分の意思で外出でき、これが食べたいとも言えるようになってきて。


そして、きっと普通に病院など受診していたら、個性のこともあり、
睡眠薬抗うつ剤などを処方され、また精神疾患などの病名を告げられていたことでしょう。


お金も時間も正直かかりますが、自由診療で、

・子どもに合った検査

・食事療法(特に何を食べるか、食べないか)

・検査結果を踏まえた適切なサプリメントなど

これは、長い目でみれば本当に本当に投資です。

やってきて心底よかったです。

お陰様で、今後も子どもがどのような生活スタイルをしていけば良いのか、
不登校に限らず、どんな世の中になってもある程度パフォーマンス高く生活できる術を知ることができました。


そして、


・子どものことを信じる。



布団から出れず一日中潜り込んでいたり、いきなり不安に襲われて泣き出すことは最近ではほとんど無くなりました。



投薬一切無しで。



わが家は夫が心の病気になったとき、服薬でヒドイ薬疹が出た経験があったので、
今回子どもにはなるべく服薬は避けたいと夫婦で意思を貫いてきました。


いつも見守っていただいている担任の先生、自由診療の先生、心理士の先生。

そして夫、不登校の子どもを理解してくれる友人たち。


ただただ感謝です。


まだ復学はしていませんし、制服を着ることもしていませんが、
子供は明らかに元気を取り戻してきており、
生後間もなくから悩まれている睡眠の問題も、少しずつ改善の兆し、手がかりが見え始めてきています。

元気になってきたからといって、私が無理に登校刺激をすることなく、周りの力もお借りしながら、子どものペースを大切にこれからも見守ります。
多くの人には感じない気づかない細かいことを、きっと本人はたくさん考え、思い、悩んでいることでしょう。
(そうゆう個性を元々持っていることもありますからね。)
そして母親としてだけ出来ること、また子どもがやりたいと伝えてきたときにはもちろんサポートしていきます。