パート主婦の子育て・投資日記

1人っ子の母です。投資は積立中心で初心者です。

療育園に入園へ

診断がついてから、

 

trip200.hatenablog.com

 

香港で銀行口座を開設、

また積立契約までの数年間の間に受けた子供の療育や様子について、

少し記録していこうと思います。

 

この頃、

 

◆周囲に反対されながらした結婚、

◆結婚前から分かってはいたけど、

 ストレスや苦手な事が原因で起こる、主人の度重なる心身の不調、

結婚は、やはり間違いだったのかと日々後悔していた時期、

◆子供の事、

 

だいぶドロドロとした気持ちで、この頃を過ごしていたので、
正直いい思い出が少なく、
産後から引き続き、不安定でひどい時期だったとも思います。

 

ただ、結婚も出産、全て自分で決めた選択。

どうしたら今より良くなるか、とことん向き合わざるを得ませんでした。

 

 

不快な方はスルーしていただければと思いますし、

今苦しんでいる方に対しては、

私が書くことで、少しでも何か助けになることができたら嬉しいです。

 

・・・

 

診断がついて、すぐに保健師さんに連絡、

(私が手をあげてしまったり、あげることに罪悪感を持たなくなりそうになったり、

 どうしようもないとき、時々泣いて電話をし、

 すぐ家にお越しくださった、大変お世話になった方でした。)

 

そして、近くの療育施設や相談窓口を紹介していただきました。

 

ただ、ここでも大問題となる壁が。。

 

◆見た目普通

 

◆身体的な発達は問題なし

 

◆興味のある事に対して知識高め

 

の為に、診断がついているにも関わらず

 

単なる人見知り&成長と共に治るのでは?

 

 と、療育施設で、日々色んな子供たちと接している

プロの方たちにも言われました。。

 

非常に落ち込みましたが、

ここが最後だと、諦めながらも訪れた先に、希望の光が。

(この展開には私も驚きましたw)

 

私の命の恩人とも言える先生との出会いがあり、

 

30分ほど話をしたあと、すぐさま

 

『来年から通園してみる?それまで、困った時は相談においで。』

 

『今まで、本当に大変だったね。』

 

と。

この時も物凄く泣きました。やっとこの子の為になる療育が受けられる!と。

そして、色々手続きも経て、無事春から通園できるようになりました。

 

入園時にはまだ2歳で、

まだまだ夜泣きが酷く、毎日2.3時間毎に起きていたし、


(自分の意志で寝起きする2時間と起こされる2時間は、全く別物でした😢)

 

人見知りはひどく、初めての場所に行くと、

固まって動けなくなったり、

普段行くお店で、お気に入りのものが売ってなかったり、

商品の入れ替えや、売り場が変更していると、

パニックになって泣くこともありました。

 

こだわりもとても強く、市販のレトルトやお惣菜、外食も全くダメな上に偏食、

(卵かけご飯しか口にしない時期が、半月ほど続くこともありました。)

温湿度や天候に対して、適切な服装が着れない、

日中出かけたり、刺激を受けると、

またその日の夜泣きが更に酷くなる状態でした。

 

 

仕事もしていないのに、なんで年少前に、しかも施設に通園させるの?』

 

『診断なんか、先生が勝手につけるだけ』

 

と、主人はまだ受け入れることができない様子でした。

 

夫婦仲はお世辞にも良いと言えず、

私は精神的にも体力的にも限界で、八つ当たりは日常茶飯事、

全てが嫌になって家を飛び出したことも。。

 

いつも不在がちな主人の意見より、

施設の雰囲気、療育方針、先生を信じて、

私は半ば強引に入園を決めました。